SDGsとは

2015年9月、国連サミットにおいて「持続可能な開発目標」(Sustainable Development Goals:SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が全会一致で採択されました。
SDGsは、「誰ひとり取り残さない」持続可能な社会を2030年までに実現することを目指した国際目標で、社会・経済・環境3つの側面のバランスが取れた社会となるように、17のゴールと169のターゲットから構成されています。
この目標達成に向けて、先進国・新興国にかかわらず各国の政府・企業・地域社会による協力が期待されています。

トップメッセージ

 

ロードスターキャピタルは、2022年で創立10周年を迎えます。

 

『ロードスターキャピタル』という社名の由来は、定点で輝き続ける星、北極星。
景気変動のある不動産業界において、景気の波に飲み込まれることなく定点で輝き続けたいという想いを込めています。
困難な局面にあっても輝き続けるためには、社会から必要とされる存在でなければなりません。そのために、ロードスターグループでは創立以来、ステークホルダーの皆様から信用いただける企業となることを第一に考えてきました。
そのうえで、ロードスターグループでは「不動産とテクノロジーの融合が未来のマーケットを切り開く」というミッションを掲げ、役職員の専門性とIT技術を生かして不動産投資ビジネスの新たな可能性を模索しています。

 

近年、世界では気候変動や人権問題、COVID-19など、人類の持続性に関する危機感が強まり、こうした社会課題に関する国際的な動きが加速しています。日本でも自然災害、少子高齢化や労働力不足、資産運用に対する不安などの多岐にわたる課題が顕在化し、不動産投資業界においても資金量豊富な大手による富の寡占などの課題もあります。
これらの課題に対して真摯に向き合い、持続可能な社会づくりに貢献しながら新たなチャレンジを行うことは、ロードスターグループの精神に通じるところであり、企業成長にも繋がっていくものと考えています。

 

ロードスターグループは、今後も不動産・金融・ITにかかる高い専門性を有した不動産テックのリーディングカンパニーとして、社会課題の解決とSDGsの達成に寄与できるよう、実直かつ誠実に取り組んでまいりたいと思います。

 

社会課題とロードスターグループの事業

コーポレートファンディング事業では、市場から放置され評価が低くなってしまっている物件に対して、付加価値を加えることでその物件が再度市場で評価され流動性が高まるように、当社の知見を活かしています。


クラウドファンディング事業では、不動産特化型クラウドファンディングサービス『OwnersBook(オーナーズブック)』を展開しています。

『OwnersBook』は、不動産のプロが厳選したプロ向け不動産投資領域に、個人投資家もクラウドファンディングを利用して1万円から投資参加できるサービスで、不動産特化型としては日本初のサービスです。それまで機関投資家向けとされてきた領域を個人投資家に開放したこと、そして個人が投資参加できるようになったことで、不動産投資市場の安定化に貢献するプラットフォームといえるでしょう。


そして、これらの事業を社外のステークホルダーの方々と調整しながら進めるのは役職員です。ロードスターグループでは創立以来、役職員が意欲的に働き成長できる環境づくりを重視し、社内外での自己啓発の支援や、健康的で働きやすい環境の整備を進めてきました。

 

ロードスターグループは今後も持続可能な社会・経済・環境の発展を目指し、SDGs達成に貢献していきます。

ロードスターグループの取り組みと関連するSDGs

取り組み内容

関連するSDGs

★環境活動の推進
・保有不動産の電力源を再生エネルギーに切り替えることによるCO2排出削減

★持続可能な都市化の促進
・市場から放置された不動産の価値向上

★生産的な雇用と合理的な待遇の実現
・同一労働同一賃金の導入

★健康的で多様な働き方の推進
・衛生委員会の設置
・定期健康診断の受診率向上
・各種休暇制度の整備
・時差出勤制度の導入
・シニア雇用の促進(定年66歳、継続雇用の促進)
・多様な働き方の推進
・国籍にとらわれない採用活動の実施
・役職員同士のコミュニケーション活性化のための、同好会活動の支援

★役職員の自己研鑽・スキル向上の支援
・書籍購入および各種研修・セミナー受講の費用補助
・資格試験の受験費用や更新費用を会社が負担

★テクノロジーの活用による、イノベーティブかつ持続可能なインフラの整備
・プロ向け不動産投資領域に個人も1万円から投資参加できる『OwnersBook』を運営
・『OwnersBook』で個人も活躍できる社会の創生
・『OwnersBook』で不動産投資マーケットの安定化、活性化に寄与

★ガバナンスの強化
・コンプライアンス研修のほか、各部署による任意の勉強会を随時開催