ロードスターキャピタルは2014年9月、日本で初めて不動産投資に特化したクラウドファンディング、「OwnersBook」をリリースしました。以来、「OwnersBook」ではインターネット経由で不特定多数の一般投資家の皆様に投資いただいた資金を、不動産担保付のローン型案件に投資し、そのリターンを還元する「貸付型」のクラウドファンディングを展開してまいりました。貸付型の案件では、不動産投資でありながら個人投資家も1万円という少額から参加することができるのが特徴で、これまで全案件について満額で募集を完了しています。

 

さらに2018年8月には新しく「エクイティ投資型」をリリースし、国内における不動産運用に全く新しいアプローチを提案いたしました。エクイティ投資型の「OwnersBook」は、不動産信託受益権を購入する際の自己資金(エクイティ)に当たる部分をオンライン上で募り、対象不動産が生み出す賃料収入および売却損益を投資家の皆様への配当原資として分配する不動産投資であり、国内で唯一ロードスターキャピタルのみが提供している金融商品です。

 

ロードスターキャピタルは、不動産鑑定士をはじめとして、不動産金融業界の最前線でキャリアを積み上げてきた経験豊富なメンバーを多数擁しており、「OwnersBook」で募集する案件は全て不動産のプロフェッショナルが厳選しています。今後、良質な投資案件をさらに拡充させ、機関投資家も満足する水準の投資案件を、個人投資家にも投資可能な投資単位から提供し、投資家間の垣根を低くしていくことを目指しています。